りーママの子育てブログ

育休中の新米ママです*

ベビーくもんは続けると効果が出る!1歳で急成長した言語。

1歳のりーちゃんを育てているりーママです。

 

ベビーくもんを始めて7ヶ月。教材はベビーくもん6号まで進んでいます。

ほぼ毎日、絵本・やりとりブックで遊んでいて、絵本に興味が出るのも早かったですがついに言葉が出てきました。

ベビーくもんといえば、絵本の読み聞かせをする事で言語が早く出ると言われているので、りーちゃんの言語の記録をまとめたいと思います。

 

 

1歳で話すようになった言葉

*ママ

*パパ

*ばあば(おばあちゃんのこと)

*パン

*くっく

*バイバイ

*ワンワン

*ハッパ(葉っぱ)

*ばあ!(いないいないばあ)

 

これら9つの単語は意味も理解していて、言動と言葉が合っています。

「ママ」と言って近づいてくるし、外で犬がいると「ワンワン!」と指をさして言っています。

 

他にも「ABCの歌」が流れると一緒に「ワァワァ〜♩」と歌ったり、言葉は言えないけど絵本のタイトルや特徴(クロクマくん持ってきて、ワンワンの持ってきてなど)を言うとちゃんと持ってきたりもします◎

 

POINT

1歳頃から突然言葉が出始めました。

言葉を発しなくても、親が言っていることを理解できていることも多いです◎

ベビーくもんの絵本ややりとりブックは子供が言葉を理解しやすい!

毎回もらう絵本は色んなタッチの絵本で子供の好みを理解できると前にも書きましたが、ベビーくもんの教材は言葉をより簡単に、楽しく理解できるものが多いです◎

例えば今回もらった6号の絵本。

「なまえをよんで」

f:id:ri__mama:20191015151206j:image

イラストを見ながら名前を「高く」呼んだり「低く」呼んだりして親子で楽しめるものになっています。

他にも「早く」「ゆっくり」「小さく」「大きく」など。

言葉だけでなく子供が楽しめるように「宇宙人みたいに」「おばけみたいに」などもあり、りーちゃんも大好きな絵本です。

 

POINT

絵本を読みながらだとイラストもついているので、言葉の理解もしやすいですよね!

もちろん市販でもこのような絵本はたくさん売っていますが、自分で探す労力や時間を考えるとベビーくもんに通う方が私は楽だし、ベビーくもんオリジナル絵本というのも気に入っています。

やりとりブック・カード

今月はカードだったので、やりとりカードの内容を紹介します。

①「いないいないばあ」

f:id:ri__mama:20191015151217j:image

りーちゃんはこのカードで「ばあ!」を連呼するようになり習得しました。

このカードで遊ぶときは、「いないいないばあ」だけでなく、この動物は何かな?これ何色?など見えるものを色々質問するようにしています。

 

②「あいさつ」

f:id:ri__mama:20191015151255j:image

基本の挨拶をイラスト付きで学べます。

他にも「どうぞ。」「ありがとう。」「行ってきます。」「行ってらっしゃい。」など。

最初は全く興味がなく、いないいないばあが終わったらどこか行っちゃうことが多かったけど何回もやっているうちに少しずつ見るようになってきました。

 

絵本が大好きになった!

絵本の読み聞かせを始めた頃は、途中でどこかへ行ってしまうことも多かったですが、最近は自分で本を選んで「読んで」と持ってきます。

どんな絵本が好きなのかわかってきたのは6ヶ月頃から↓

www.ri-mama.com

最近では仕掛け絵本だけでなく、文章が長い絵本も楽しそうに聞くことも増えたので言葉の意味が少しずつ分かってきているのではないかと思います。絵本の読み聞かせを長く続けられているのも、ベビーくもんに毎月通い先生に相談したりオススメの絵本を教えてもらっているからです!

 

色んなタイプの絵本を読んであげたい、家の絵本をどんどん増やしていきたい、子供にとって良い絵本を買ってあげたい方にはベビーくもんがおすすめです。

まとめ

1歳になり突然言葉が出始めたので、まとめてみました。

成長は人それぞれなので比べる必要は全くないですが、ベビーくもんの教材の良さや効果を分かってもらえたらな〜と思います。

仕事復帰までは、ベビーくもんを継続予定なのでまた記録を残したいと思います!